7月22日開始!!Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)でお得に国内のアクティビティを楽しもう!

Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)でお得に国内のアクティビティを楽しもう
\7月22日開始決定!/
アクティビティジャパン Go To トラベルキャンペーン
2020.7.13 更新

Go To トラベルキャンペーンは海の日を含む7月の4連休に間に合うよう、7月22日より事業を順次開始し、既に予約済みの7月22日以降の旅行も旅行後に申請することで補助対象になることが発表されました。

7月22日からの旅行代金が35%割引、さらに9月以降は旅先の飲食や土産店などで利用できる旅行代金の15%相当の「地域共通クーポン」が貰えるので、実質半額が補助となります!

アクティビティジャパンについては、日本政府発信の情報、参加条件などの詳細を確認の上、準備を進めてまいります。 詳細が決定次第、弊社でも検討し、改めてご案内させていただきます。

Go To トラベルキャンペーンについては、以下より詳しく説明していきます。

Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)に向けてアクティビティを予約・検討しよう!

Go To トラベルキャンペーンが開始すると沖縄や北海道といった人気の観光地はもちろんですが、日本各地に旅行者が増え、アクティビティも予約しづらくなることが予想されます! 夏定番の沖縄や各地の離島、北海道、京都・・・・人気観光地でのアクティビティは早めの予約がオススメです!

体験から探す

体験一覧から探す 体験一覧から探す

エリアから探す

エリア一覧から探す エリア一覧から探す

Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)とは?

「Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)」とは、新型コロナウイルス感染収束後に、大きな打撃を受けた経済活動の回復と、地域の再活性化につなげることを目的として、観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメント業などを対象に、政府による補助金の支出によって需要喚起を目指すキャンペーン施策です。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大は、観光・旅行需要の低迷や、外出の自粛等の影響により、地域の多様な産業に対し甚大な被害を与えている。

  • このため、新型コロナウイルス感染症の流行収束後には、日本国内における人の流れと街のにぎわいを創り出し、地域を再活性化するための需要喚起が必要。

  • 今回の感染症の流行収束後において、甚大な影響を受けている観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテイメント業などを対象とし、期間を限定した官民一体の需要喚起キャンペーンを講じる。
※ 国土交通省資料より抜粋

1兆6,794億円の予算が計上されており、感染拡大防止のため休業を余儀なくされた日本全国の宿泊施設や、観光施設、飲食事業者、利用客が激減した航空会社等の運輸業、そして旅行商品を企画する旅行会社…
なによりも自粛を余儀なくされ、楽しい旅行やアクティビティへの参加を諦めなければならなかったお客様にとって、大きな期待となるキャンペーンです!

「Go To キャンペーン事業(仮称)」は大きく4つの事業項目に分かれます。
  1. Go To Travel(観光)キャンペーン
  2. Go To Eat(飲食)キャンペーン
  3. Go To Event(イベント・エンターテインメント)キャンペーン
  4. Go To 商店街 キャンペーン
Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)概要については以下より詳しく説明していきます。

Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)の概要

「Go To Travel(観光)キャンペーン」の旅行代金イメージ 観光庁配布資料より(7/13時点)

「Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)」は旅行業者等を経由して、国内の旅行商品を予約することが適用条件で、日帰りなら最大1万円、宿泊なら1泊あたり最大2万円相当の補助が適用されます。

観光庁が配布した資料を元に旅行代金イメージをみていくと、国の支援額により、旅行代金の最大半額(1人1泊あたり最大2万円)が補助されますが、そのうち7割は旅行代金の割引クーポン、3割は地域で物産品の購入などに利用できる「地域共通クーポン(9月以降開始)」にあてられます。

連泊制限や利用回数の制限はないので、期間中は何度でも割引額で旅行ができます

概要まとめ
  • 実施期間:2020年7月22日より6ヵ月程度を予定
  • 対象商品:国内の旅行商品(日帰り/宿泊どちらも対象)
  • 対象:国内旅行者(訪日外国人旅行者は対象外)
  • 補助金額:旅行代金の最大半額(補助金のうち35%が旅行代金の割引、15%が地域共通クーポン)
  • 割引上限:1名1泊あたり2万円(日帰りは1万円)

宿泊旅行の場合の主な割引対象

宿泊旅行の場合の主な割引対象観光庁配布資料より(7/13時点)

被災地域を支援する「ふっこう割」と同様に、旅行代理店などから予約する「宿泊+交通機関」のセットプランや、OTA(オンライン予約サイト)から予約するホテルや旅館の宿泊、また宿泊施設に直接予約した場合が対象となり、届出のある民泊も対象です。

個人で手配する交通(航空機・鉄道・バス・高速道路)以外であれば、修学旅行や社員旅行などの団体旅行も含めた幅広い旅行商品が対象になります。

日帰り旅行の場合の主な割引対象

日帰り旅行の場合の主な割引対象観光庁配布資料より(7/13時点)

日帰り旅行の場合は、旅行代理店や予約サイト経由で予約する、「往復の乗車券などの移動」と「旅行先での消費(食事や観光体験等)」のセットプランが支援対象となります。

例としては、往復の交通(飛行機・鉄道・バス・高速道路など)+旅先でのアクティビティ(フルーツ狩り、日帰り温泉、バイキングなど)がセットになった旅行商品が想定されます。

地域共通クーポンについて

地域共通クーポンについて 観光庁配布資料より(7/13時点)

Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)の「地域共通クーポン」は、1,000円単位で発行される紙媒体・またはスマートフォンなどのQRコードを利用した電子媒体のクーポンです。

旅行者は旅先の都道府県+隣接都道府県において、クーポン加盟店(飲食店・土産店・観光施設・アクティビティ・交通機関など)で、このクーポンを代金の支払いに利用できます。
旅行期間中に限って使用が可能で、お釣りはでません。(1,000円未満は四捨五入)

「地域共通クーポン」の本格実施は、9月1日以降に予定されています。

Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)はいつから?

7月10日の赤羽一嘉国土交通相の発表で、事業開始は令和2年7月22日からとなりました。
海の日を含む7月の4連休前日の7月22日以降に開始する旅行代金の割引が先行的に開始され、最大35%割引となります。

7月22日以降の旅行を既に予約している場合は、旅行後に旅行者自身が申請書・領収書・宿泊証明書・個人情報同意書などの書類を事務局に郵送またはオンラインで提出することで、口座振込、クレジットカード振込で、割引分が還付される予定となっています。

割引価格での旅行の販売の実施は、7月27日以降に準備が整った事業者から開始される予定です。

Go To トラベルキャンペーン(Go To キャンペーン)はアクティビティ、体験、レジャーも対象?

上記でも説明した割引対象をまとめると、アクティビティ、体験、レジャーについては、以下の場合が対象となりそうです。

・宿泊旅行の場合
宿泊を伴うアクティビティ全プラン

・日帰り旅行の場合
①往復の交通(飛行機・鉄道・バス・高速道路など)+アクティビティ(フルーツ狩り、日帰り温泉、バイキングなど)のセットプラン
②アクティビティ単体に現地決済で参加し「地域共通クーポン」を利用した場合


キャンペーンの詳細については、今後も正式な発表にあわせて更新していきます!


アクティビティジャパンで日本全国の体験を探す

アクティビティジャパンではレジャー・アクティビティ・文化体験・もの作り・観光ツアーなど北は北海道、南は沖縄まで日本全国で遊べる様々な体験プランのご予約を受け付けております。割引プランやポイント付与などお得にご予約頂けますので旅先やご自宅近くの"遊び"をお探しの際は是非ともご利用ください。
※新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により営業時間など通常と異なる場合があります。最新情報は、各サービス提供ショップへお問い合わせください。


地域・エリアから探す
北海道 / 東北 / 関東 / 甲信越 / 東海 / 北陸 / 関西 / 中国 / 四国 / 九州 / 沖縄